家庭でも作ることができる雨量計

一定の時間内に降った雨の量を降水量といいます。この降水量を計測する機器が雨量計です。一般には漏斗状受水器に雨水を受けて、貯水瓶に蓄えた雨水を測る形式のものが多く使われています。この計器は通常漏斗状の受水器、雨水をためる貯水瓶と雨量を読み取る目盛りのついた細長い雨量ますからなっています。この雨量計を家庭にあるペットボトルで作ることができるようです。1.5lのペットボトルの上から2.3㎝下から20㎝、500mlのペットボトルは上から2.3㎝下から15㎝くらいのところを切り離し、目盛りなどをつけて作りますが、2本のペットボトルとカッターナイフ、油性ペン、接着剤と出来上がった雨量計を設置する板があれば作ることができるようです。天気予報やニュースなどでも降水量という言葉はよく耳にします。誰もが関心があるともいえる降水量を測るということを、子どもと一緒に工作気分でやってみるのも良いかもしれません。

個人で雨量計を購入する

災害に備えることは各家庭でも必要です。もしもの時に周りの人を頼ればそれでいい、といいわけではありません。出来るだけ自分たちで出来ることは行っておくとよいでしょう。雨量計を個人で購入をして、土砂災害が起きそうになったら自主避難をするということもあるかもしれません。特に山を所有しているような人は土砂災害が起こると困ります。警察署や消防署に雨量計を設置しているところも多いですが、それだけでは不安に感じることもあるでしょう。土砂災害は起きてから避難するのでは遅いです。迅速に避難をするためには、その日の雨量を細かくチェックして、安全を確認しておくとよいでしょう。個人でも雨量計を購入することはできます。防災用品を取り扱っている専門店でも気軽に購入をすることが出来るようになっているので、価格のチェックを行うとよいです。

雨量計を設置する目的の決め方

雨量計は降水量が増えると地盤がゆるくなるため生活をするために危険な状況になることを防げるように対策を決めるきっかけとして使い、避難をすることを呼びかけるためにも役立ちます。大雨が予想される場合は安全に行動できるようにすることが求められ、事前に雨量を測定して対策をしやすい状況にする方法が望ましいです。雨量計を選ぶ時は価格や機能などを比較して知りたい情報を的確に分析できるように決めると有意義に使え、安心して生活ができるように目的を決めると効果を出せます。大雨が降りやすい時期は土砂災害や河川の氾濫などが予想されて危険な状態になりやすく、今後の天候の予測などを確かめて雨量の状況を分析できるようにすることが重要です。雨量計を設置する目的の決め方は安心して生活ができる環境を作ることを心がけ、業者と相談して最適な種類を選ぶ必要があります。