災害に備えて雨量計を設置する

土砂災害は雨量に関係します。豪雨になってしまうと、その雨水が土砂に含まれてしまい、崩れやすくなってしまいます。雨量をチェックすることによって、土砂災害対策を早期に行うことができます。警察署や消防署に雨量計を設置しているところもあります。他にも行政機関に設置をしている市町村もあります。必ず設置をしなければいけないということではありませんが、設置をしていれば安心をすることができます。雨量計はリーズナブルなものから高額なものまで幅も広いです。データをオンラインで管理をすることが出来るタイプもあります。オンラインでチェックをすることができれば、データを残すことができますし、今後の災害情報にも役立てることが出来るようにもなります。まずは設置をする場所を考えてみるとよいでしょう。そうすることによって、正しいデータを得ることができます。

年間降水量などを測定する雨量計

天気予報などで降水量がどのくらいということをよく耳にしますが、この降水量を測定する為に用いられるのが「雨量計」です。目にすることはあまりありませんが、気象庁が発表するこの数値は非常に厳格な条件の下で測定されています。設置する場所はどこでも良いと言うわけではなく、当然周りの環境が影響されにくい場所となります。屋上など周りに障害物が少ない場所は一見良いように思われますが、実際屋上は設置場所としては基本的にNGとなっています。理由は、ビル風などで雨が吹き上げられ、降雨を正確に受け止めることが出来ない可能性があるからです。逆に地面に近すぎるのも良くありません。降った雨が雨量計の周りで跳ね返り、その跳ね返った雨を計測してしまうことがあるためです。雨量は災害への備えなどの点でも非常に重要な数値である為、正確に測定するための様々な条件が国によって定められています。

降雨による防災に役立つ雨量計

天気予報で使用される雨量計は、様々な利用がされています。主にメインとなる利用方法は、降雨による被害を未然に防ぐための防災気象です。集中的な豪雨による都市機能のマヒや、河川やダムの氾濫を抑制するためのシステムに導入されています。雨量計は、気象を扱う機関などで使用されている転倒ますが搭載された種類と、貯水瓶にためた雨から雨量を計測する貯水型のものがあります。転倒型は一時間に転倒ますが転倒した回数から雨量を計測しますが、より正確な降雨量が求められ、遠隔地からのモニタリングによる計測が可能なことや、長時間に対応することから高い機能性を持っています。より高度なレーダーを搭載したものでは雨量の解析などが行え、ヒーター内臓の寒冷地用のものでは、雨だけでなく雪や霰の計測を行います。人々の生活の安全な支えのために広く活用されている機器です。