雨量計を生活に生かす

天気予報や農業、土木建築、ダム管理など、様々な用途で利用されている雨量計ですが、防災の面でも大切な役割を担っています。大雨による土砂崩れや河川の氾濫、局地的な集中豪雨などの自然災害は、規模によっては人命や都市機能に影響を与える恐れがあります。そこで可能な範囲で災害を未然に防いだり、被害を最小限に抑える為に目安となる雨量を測定する事が重要になってきます。雨量計には貯水型と転倒ます型の2種類がありますが、貯水型は受水口から入った雨を貯水瓶に貯めてそれを雨量升に移して測定する方式で、転倒ます型は雨量が一定の重みになると転倒して排水する仕組みになっており、一時間あたりの転倒した回数で降水量を測定します。このタイプなら放置したままでも正確に計測が出来るので、長い時間に渡って計測したい時や、遠い所からのモニタリングの場合にお勧めです。自分の用途に合う雨量計を選択すれば効率的な計測が可能です。

雨量計の構造と動作のしくみ

降雨量を測定する雨量計の仕組みの代表的な方式は、転倒ますを利用した方式です。転倒ますに雨水が貯まると決まった量になった時点で、ますが転倒することで貯った水は排出され、軽くなったますは元の状態に戻るといった動きが繰り返されます。倒れては戻る動作の回数を計測することで、その回数を測定期間中に振った雨の量に換算することが可能です。手作業を介さずに動作可能なしくみであり、自動化できるのがメリットです。また、長い時間の計測に向いているため、雨量計と言えば転倒ます方式であると言われる程、一般的なものとなっています。より雨量計を身近なものとして理解するのであれば、手作りキットが販売されていますので、利用してみても良いでしょう。この場合は、転倒ます方式ではありませんが、雨量測定に興味を持ち学習するための教材として有効です。

雨量計を購入できる場所

雨量計を設置することによって1日の雨量をチェックすることができます。災害時にも役立ちますし、土砂災害も雨量によって起こる可能性も高くなります。山間部を持っている地域には雨量計があると便利ですし、安全にも関わってきます。購入をする場合にはどこで探してみるとよいでしょうか。安全用品を専門に取り扱っている店舗であれば取り扱っていることがあります。他にも防災用品を取り扱っているところでも販売をしています。オンラインでもチェックをすることができますし、機能もオンラインであれば比較も行いやすいです。高額な雨量計もあるので、どれくらいの価格のものであれば購入しやすいのか、ということも考えてみるとよいでしょう。データもパソコンで管理をすることが出来るようになっているので、書類で提出する際にもまとめやすくなります。